☆BTC(ビットコイン)で稼げる!!案件に身を持って投資中~☆ 高配当金利・HYIP=ハイプの検証 (;・∀・)

HYIP・ハイプ上等!? 1日=1.0-3.0%の金利配当がヤバすぎる件について調査!& 検証中~ (*'▽')

【最大年率5%!】コインチェック『貸仮想通貨サービス』の提供


(H27・6月現在)

インチェック『貸仮想通貨サービス』の再開☆

 

以下はコインチェックからです。

 

インチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、
代表取締役社長:和田晃一良、以下:コインチェック)は、
2017年6月16日よりコインチェック貸仮想通貨サービスの提供を再開致します。

 

サービス名称

インチェック『貸仮想通貨サービス』 

(英語表記 Coincheck Lending)

 

サービス概要

インチェック『貸仮想通貨サービス』は、
ユーザーが仮想通貨をコインチェック株式会社に貸出することにより、
利用料を得ることが可能なサービスです。
期間はユーザーにて選択が可能です。

 

また、この度の再開より対応する仮想通貨が
ビットコインのみ」から「コインチェックサービス上で
取り扱いのある全通貨(2017.06.16時点)」となりました。

 

※現在Ripple(XRP)は、
弊社で想定している借入上限を超える貸出申請をいただいており、
これから申請していただく方は、
承認までにしばらくお時間を頂戴することになると想定されます。

 

その他通貨での申請はスムーズに
ご案内することが可能でございますので、
是非、ご検討くださいませ。

 

期間利用料
14日間 年率1%
30日間 年率2%
90日間 年率3%
365日間 年率5%

 

例) ビットコイン・10BTCを年率3%で90日間貸出した場合
[10BTC] × [0.03] × [90日間] ÷ 365 = 0.0739726BTC
が利用料として支払われます。

 

貸出について

貸出は以下の流れで実施されます。

1:ユーザーにより貸仮想通貨口座を開設
2:ユーザーにより貸出したい仮想通貨を口座へ預け入れ、貸出申請を行う
3:コインチェックにて貸出申請を審査。承認を行った貸出申請に対し貸出を実施

 

ご注意

※本サービスは資金決済法に基づく
仮想通貨交換業としてのサービスではありません。
従って、本サービスでコインチェックが借入れる
仮想通貨は分別管理の対象とはなりません。

 

※仮想通貨の価格は常に変動しており、
貸付時と返却時では価格が異なるため
ユーザーは仮想通貨の価格変動リスクを負うことになります。

 

※貸仮想通貨サービスをご利用いただくにあたり、
インチェックと締結いただく契約は
「消費貸借契約」であり無担保契約です。

従って、コインチェックが破綻した際は
ユーザーの貸付けた仮想通貨が返還されないなどのリスクを負うことになります。

 

※コインチェックが借入れた仮想通貨に関しては、
指定された期間が経過するか、
インチェックが返却するまでは売却及び他への送信はできません。

 

※本サービスは預金商品ではなく、預金保険の対象ではありません。

 

※貸出はコインチェックにて承認された貸出申請に対してのみ実施されます。

 

※コインチェックでの借入には総額で制限がございます。
必ずしも貸出が実施されるものではございませんので、ご了承下さい。

 

※ユーザーにて選択した期間より短期で貸出を終了する場合がございます。
その際、年率を日割りした利用料が支払われます。

 

※利用料は貸出を行った通貨にて、返却時に一括で支払われます。

 

※対応する仮想通貨はCoincheckサービス上で扱う全通貨となります。
(2017.06.16時点)

 

【最大年率5%!】コインチェック『貸仮想通貨サービス』の提供

※対応する仮想通貨は予告なく変更する可能性がございます。

 

コインチェック=Zcash/Litecoin/DASH/Moneroの入出金が可能に!

(H27・6月現在)

 

Coincheck(WEB)が、
「Zcash」「Litecoin」「DASH」「Monero」
の送金・受け取りが可能となりました。

 

先日の「NEMの入出金」に続きのリリースですが、
Coincheckで取り扱う全ての通貨の入出金が
可能ということになります。

 

⇒ コインチェック

 

1Zcash/Litecoin/DASH/Moneroの送金

・Coincheckにログイン後、
「コインを送る」画面から送金したい銘柄を選択します。

・必要な項目を入力して「送金する」ボタンを押すと送金できます。

 

2Zcash/Litecoin/DASH/Moneroの受け取り

・Coincheckにログイン後、「コインを受け取る」画面に移動します。

・それぞれの「アドレスを作成」を押すと
受け取り用アドレスとメッセージが発行されます。

 

pandemic.premi-ja.com

日本産の暗号通貨モナコインも扱っている Zaif(ザイフ)

 

⇒ Zaif・ザイフ (公式HP)

暗号通貨(仮想通貨)取引所で、bitcoinビットコイン)/BTC
NEM(ネム)/XEM、日本産の暗号通貨モナコインも取り扱っています。
売買や決済サービス、コイン積立などの新機能追加されて、
成長型の暗号通貨取引所です。

 

Zaif公式アプリ「Zaif

ビットコインの取引所「Zaif Exchange」も利用できます。

ビットコイントークンの送受信、トークンの取引が簡単にできます。

・HDウォレットに対応しており、秘密鍵はアプリ側で暗号化して保持するので、
安心して利用することができます。

 

2段階認証

・ログインパスワードの他に、ワンタイムパスワードを生成する認証アプリを
インストールしたスマートフォンを利用して行う、2段階認証を利用できます。
取引と口座の管理・入出金のセキュリティをより高められています。

 

Zaifのコイン積立

ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど取引所でのやりとりはめんどう、
売買のタイミングもわからない」
「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」
などの希望を叶えてくれるのがZaifコイン積立です。

 

Zaifコイン積立は、
銀行口座から毎月固定額を自動引き落としできるので、
希望の金額を積み立てすることができます。

毎月27日に引き落としになるのですが、
翌月10日~翌々月9日まで、1日毎にご指定の暗号通貨を
買付けて積み立てができます。

 

買付けは自動的に行われるので、
買い付けのタイミングをはかったり
取引所の注文を管理しなければいけない。
といった手間はいっさいかかりません。

 

これは中~長期的な積み立て(外貨預金の積み立てと似ている)型の
投資の1つと言えると思いますが、
チャートを見ながら短期的にトレードしたい方は
あまり興味が無い投資(積み立て)とも言えますね。

 

積み立てについては、
必然的にドル・コスト平均法と言われる買い付けになります。

 

ドルコスト平均法での暗号通貨を買うメリットは!?

相場が上がっても下がっても一定額で買付けを続ける方法です。
価格が上がったときは高値掴みを避けて少ない量を買い、
価格が下がったときは安く多くの量を買うことができる、

という考え方で、ローリスクですが、長期的・継続的に
積み立て保有することにより、利益を確定するタイミングを
待つことができるのが最大のメリットと言えます。

 

ハイリスクハイリターンを目指すものではなく、
長期投資でのリスク軽減と、安定した収益を目指すためのもので、
必ずしも万人におすすめするものではありませんが、
ビットコインや暗号通貨には将来性を感じていて、
ハイリスクな投資・投機的な手法は避けたい
という方には向いていると思います。

 

※手数料が発生しますので、Zaifのサイトにて確認ください。
⇒ Zaif公式ページ

 

 

年率最大3.6%の利殖ボーナス

2015年6月25日付けで、『Zaif Exchange』のビットコイン残高を
年率最大3.6%で利殖することができるサービスがあります。

 

通常ビットコインを持っているだけでは、
その「円換算価値は増減」しますが「増える」ことは無いのですが、
Zaif Exchange』では、2015年4月1日に取引手数料を
「無料」から「マイナス0.1%」に引き下げるなど、
革新的な取り組みをしています。

 

利殖ボーナスを利用するには、
「本人確認」などの条件を満たす必要がありますので、

⇒ Zaif・ザイフ (公式HP)

公式サイトをご覧ください。

 

モナコインに関しましては本サービスの対象外です。

 

 

1日1回、『Zaif Exchange』に預けられたビットコイン残高(前日)の
0.01%が利殖ボーナス=ログインボーナスとして受け取ることができます。

 

ボーナスを受け取るには、
前日のビットコイン残高が最低3.0BTC必要です。

金額は自動的に日本円に換算されて毎日午前10時に提示されます。
また、画面上部にはその旨がお知らせとして表示されます。

 

・ボーナスの支払い制限など

ログインボーナスは1日あたり0.01% x 365日 = 最大年率3.65%となります。
1日のボーナス上限額は100円までです。

年間の最大ボーナス額は 100円 x 365日 = 36,500円

 

・利用資格

利殖ボーナス(ログインボーナス)は、本人確認作業が完了した、
「認証済」のバッジを獲得したユーザーのみが獲得可能です。

利殖ボーナスを受け取るには、
SMSと身分証明書による本人確認を完了しなければなりません。

 

条件を達成していれば、
備えた翌日にボーナスが計算されて、
ログイン時にボタンが表示されます。

 

pandemic.premi-ja.com

コインチェック・送金時にも2段階認証の導入

インチェックでは、
【WEB/iOS/Android】送金時の2段階認証追加(その他機能の追加)されました。

これはかなり大きい(セキュリティーが向上)ですね!

 

以下、コインチェックからです。
(H29・6/6現在)

 

この度のアップデートにより、Coincheckサービス(WEB/iOS/Android)にて
送金時の二段階認証」が追加となりました。

設定から二段階認証を有効化していただくことにより、
送金時にも二段階認証が必要となります。

また、WEBでは「送金先リストの作成」、
Androidでは「指紋認証設定」(iOS実装済)が追加される等々、
セキュリティやユーザビリティの向上に関して
大幅なアップデートを行っております。

 

⇒ コインチェック公式HP

 

■WEB

チェックリスト

1:送金時の二段階認証を追加
→「二段階認証設定」の有効化により、送金時に二段階認証が必要となります。

2:送金先リスト機能を追加
→ 送金先リストをご利用いただくことで、より便利に送金をご利用いただくことが可能です。
また、入力ミス等による誤送金の防止にもご利用いただくことが可能です。
二段階認証を設定している場合は送金リストの追加時、二段階認証が必要となります。

今回のリリース以降「メールアドレス指定による送金」は廃止となります。
何卒、ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

 

iOS

チェックリスト

1:送金時の二段階認証を追加
→「二段階認証設定」の有効化により、送金時に二段階認証が必要となります。

 

Android

チェックリスト

1:送金時の二段階認証を追加
→「二段階認証設定」の有効化により、送金時に二段階認証が必要となります。
別途「指紋認証」もしくは「PINロック」を設定することにより、
送金時には2回の認証が必要となります。

2:指紋認証機能の追加
→ PINロックに加え、指紋認証を設定できるようになりました。
設定箇所は任意で選択することが可能です。

3:スクリーンショット禁止設定の追加
→ 設定を有効化していただくことにより、
アプリ上でのスクリーンショットが不可となります。

また、次回起動時より
アプリ履歴画面では画面の詳細がホワイトアウトとなります。

 

⇒ コインチェック公式HP

pandemic.premi-ja.com

TREZOR・トレザー 初期セットアップ(設定)

⇒ Zaif 公式 TREZOR(トレザー)日本語マニュアル

 

↑ Zaif のページで、
そのまま進めてもらえれば、
トレザーの初期セットアップは完了します。

 

ブラウザは IEインターネットエクスプローラー)よりも、
chrome(クローム)にて進めた方が問題なくできるようです。

僕はchromeで進めたのですが、
特に問題なくスムーズに設定を終えることができました。

アマゾンから購入できますが、
売り切れ(入荷待ち)状態もあります。

 

箱の上下にキラキラ光るシルバーのシールが貼ってあるのですが、
一度開封されていないか?などの確認シールです。
一度剥がすと貼りなおしができないシールです。

 

 

セットアップ方法

1・トレザー本体をUSBケーブルでパソコンに接続。

2ChromeTREZOR公式サイトhttps://mytrezor.com ) を開く。

3・右上の「English」をクリックするで日本語に変更可能です。

(以下はアプリですが、
アプリは抜きにして先ほどの2のページを
単純にブックマークしておいても使用には問題ありません。)

 

4・中央あたりの Chromeにインストールする をクリック。

5・右上の TREZOR Chrome Extension の、
アプリ画面が出るので CHROMEに追加。

6・アプリを追加で → Chromeにトレザーのアプリが追加。

 

7・アプリを起動後、日本語で アップデートしますか?
はい、アップデートします をクリック。

8・トレザーで Install new firmware? Never ~ recovery card!
と表示されて Continue をクリック=トレザーの右ボタンです。

9・トレザーとパソコンの画面に文字列が表示されます。
)アルファベットは、
トレザーでは大文字
パソコンでは小文字 で表示。
Continue をクリック=右ボタンです。

 

10・パソコンで アップデートが成功しました と表示。
トレザーで New firmware successfully installed. ~ TREZOR と表示。
→ トレザーを一度外す。

11・トレザーを再度パソコンへ接続。

12・再度 ChromeTREZOR公式サイトhttps://mytrezor.com ) を開く。

 

13・任意の端末名を設定します。
任意の好きな名前で何もよいです 例)pontan335577
「続ける」をクリック。

14・PIN入力画面が表示。
9マスに ・ が表示。
(トレザーには 9マスに数字 = 数字の位置は毎回変わります

15・トレザーを見ながらパソコンで任意の数字パスワードを設定。
設定の桁数は任意ですがあまり短すぎないように。
「決定する」をクリック。

 

16・再度 PIN入力画面が表示。
トレザーの画面の数字を再度入力。

(注)トレザーでは数字の配列が変わる。
入力が終わったら 決定する をクリック。

17リカバリーシードのセットアップ画面が表示。

18・トレザーの画面で、英単語(1番目)が表示。
これを

書き写していきますが、確実に、間違えないように!

1番目を書き写し終わったらトレザーの Next =右ボタン。
2番目の英単語が表示。
繰り返し24番目まで書いていきます。

右ボタンを2回3回押してしまっても大丈夫です。
確認のために、1番から24番まで再度表示できます。

 

19・24単語までが終われば、トレザーの画面右下に
Again と表示 = 右ボタンをクリック。

20・再度 1番目の単語から表示。
右ボタン= Next クリックしていきながら、
1~24の単語を確認。

画面右下に Finish と表示 = 右ボタンをクリック。

 

21・PINの入力。
トレザーで数字を見ながら、パソコンでPIN の入力。

トレザーでは数字の位置が変わっている

PIN の入力が終われば 決定する をクリック。

 

22・成功 おめでとうございます・・・ と表示。
任意で設定した端末名も表示されていればOK。

これで、トレザーへビットコインを送金することができるのですが、
その前にリカバリーできるか実行してみましょう!

 

 

リカバリ方法

 

1・ウォレット名をクリックして、上側の アドバンスド をクリック。
端末を消去する をクリック。

2・パソコンでは、
端末上のデータがすべて消去されました。と出ます。

 

3・トレザーでは Do you really want to wipe the device? ~ lost と表示。
Confirm をクリック=右ボタンです。

4・パソコンで、端末の消去が完了しました と表示。
トレザーを取り外す。

 

5・トレザーを外すと 忘れる(推奨) をクリック。

6・再度トレザーをパソコンに接続後、
右側の TREZORリカバリ をクリック。

 

7・設定した端末名を入力して、 続ける をクリック。

8・PINの入力。
トレザーを見ながら、入力後 決定する をクリック。
確認のため再度PINの入力。

 

9リカバリーシード入力画面で、24個の単語を入力。

大文字で書いているはずですが、
その単語はパソコン上では 小文字 で入力

入力する順番は、1番からでなくバラバラに要求されますので
トレザー本体の画面で確認しながら入力。

 

10・トレザーで、7番目の単語を入力して下さい と出れば、
パソコンでは最初に 7番目の単語 を小文字で入力。
24個を繰り返します。

11・24個の入力が終われば、PINの入力。
任意で決めた端末名が表示されていればOK。

pandemic.premi-ja.com