読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆BTC(ビットコイン)で稼げる!!案件に身を持って投資中~☆ 高配当金利・HYIP=ハイプの検証 (;・∀・)

Richmond Berks・リッチモンドバークスは、不動産オークションで利益を得ている会社です。会社設立から8年以上が経過しています。 1日=1.4-1.5%(土日は 0.7%)の金利配当がヤバすぎる件について調査!& 検証中~ (*'▽')

BTC=bitcoin(ビットコイン)のメリット

BTC=bitcoin(ビットコイン)のメリット と デメリット&暗号通貨・仮想通貨の雑談(;・∀・)

 

ビットコインは、国家や企業が関与していないので、
例えば個人間の送金においてはいくつかのメリットがあります。

 

 

1.個人間で直接送金ができる。

 

一般的な通貨で送金をする時には、銀行などを仲介する必要がありますが、
ビットコインの場合には、個人間が直接支払うことができます。

 

ビットコインを使うメリットとして、
直接会って財布からお金を出して支払うのと同じように、
ビットコインを使えば直接相手にお金を支払うことができます。

 

 

2.手数料が無料か格安。

 

仲介する組織が存在しないので基本的には手数料を払う必要がありません。
これは個人間の少額な支払いにおいては、非常に重要な特徴と言えます。

 

銀行送金でもクレジットカード支払いでも一定の手数料が存在するわけですが、
少額の商品の売買が難しくなったり、ビジネスの利益率が下がったりします。

 

ビットコインはその最大のメリットとも言える、
直接送金のしくみのおかげで
従来の手数料の概念を覆した決済ができます。

 

 

3.制限が存在しない。

 

ビットコインでの決済は銀行を経由した決済では無いので、
煩わしい手続きや制限が存在しません。
お金の流通が自由に行えるようになります。

 

国によって通貨の単位が異なるといった特徴もないので、
ビットコインを使えば世界中で同じ通貨が
利用できるというメリットがあります。

 

もっとビットコインが広まっていけば、
ビットコインでの支払いを受け付けるお店も増えるでしょうけど、
すでにビットコインでの決済が可能なお店は世界中に存在しています。

 

 

4.ビットコインはどこに保存されているのか?

 

ビットコインにはウォレット(財布)という概念があります。
これは、円やドルの例で言えば銀行口座にあたるわけですが、

ビットコインを利用するすべての人はウォレットを持ち、
そこにビットコインを保存して決済に利用します。

 

ビットコインを使いたい人はウォレットを作成する必要があります。

個人に割り振られるメールアドレスのようなものですが、
実際には長い文字列でウォレットIDが表現されます。

 

そのままでは覚えにくい(ちょっと無理。。)ため、
個人間送金が難しくなります。

 

そこで、IDを短縮したコードを利用したり、
スマートフォンで読み取れる QRコード に変換したりして
交換することも可能です。

 

 

5.送金スピードが速い。

 

別の銀行から銀行へ小切手を送るときには数日かかってしまいますが、
それは信用調査に時間がかかるからです。

国際電信を使った送金にも長い時間がかかります。

 

ビットコインであればかなり早い取引が可能です。
取引には「ゼロ確認」と呼ばれる即時取引が用いられていて、
ビットコインのブロックチェインによって確認が行われます。

そうでなくても確認には10-30分ほどしかかかりません。

 

 

6.誰も奪う事が出来ない。

 

2013年3月にキプロスで起こったことは、
中央銀行が10万ドル以上の無保険資本を取り戻そうとしました。
そこで起こったのは一般利用者の預金に対する不安です。

 

ビットコインであればこういったことは起こり得ません。
なぜなら、通貨は分散して保管されていて自分の元から離れてしまう事はありません。

 

全部をコントロールできる権力は存在せず、
銀行であろうとも誰のお金に手を付けることはできません。

 

 

7.チャージは必要は無い。

 

ビットコインは送られるとそのまま消えてしまいます。
送り先の同意なしにそれを再取得することができないわけですが、
クレジットカードでは起こりうる詐欺のような送金取引も起こり得ないのです。

 

 

8.支払に関する情報が漏れることが無い。

 

現在オンラインでの購入の大半はクレジットカードですが、
インターネットが無い頃はクレジットカードをオンラインで
使用することは想定外でした。

 

オンラインショップの入力フォームでは
クレジットカードの秘密情報(カード番号・有効期限など)
を入力し送信する必要があります。

 

この部分の仕組みが変わっていないため安全性は変わらずで、
カード番号は盗まれることがありますが、
ビットコインによる取引では秘密情報を送信する必要がありません。

 

必要なのは公開鍵と秘密鍵の2つ。

公開鍵は公開されていますが、秘密鍵は秘密のままです。

これらの鍵を数学的に計算し取引を行います。

 

これらの計算結果が証明書になるわけですが、
秘密鍵を漏らさない限り安全が保たれます。

 

 

9.誰も信用しなくてよい。

 

銀行システムではお金の受け渡しには人を信用する必要があります。
銀行を信用する必要もあります。

第3者の支払いも、取引先もです。

 

そのために重要な情報を必要としますが、
ビットコインではその必要は全くありません。

 

取引はデジタル署名され安全で、知らない誰かであっても取引は完了します。

取引先はあなたが誰であるか知る必要はありません。