読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆BTC(ビットコイン)で稼げる!!案件に身を持って投資中~☆ 高配当金利・HYIP=ハイプの検証 (;・∀・)

HYIP・ハイプ上等!? 1日=1.0-3.0%の金利配当がヤバすぎる件について調査!& 検証中~ (*'▽')

リッチモンドバークスは信用できる!? アプリの審査条件をすべて調査!

 

最後にも同文がありますが、

アップルはブランドイメージをかなり重視しているので、
そのストアから公式にダウンロードできるアプリ。
というところで厳しく審査していると思います。

 

審査条件の中で、注目したい条件が2つあります。

リッチモンドバークスの登録者が1番気にしている部分だと思いますが、

 

22.2 – 詐欺的な虚偽または誤解を招くような表現が含まれているアプリケーションは却下されます。

22.3 – 犯罪を促進、勧誘、または助長するものや、明らかに非常識なアプリは却下されます。

これらの条件があるので、
リッチモンドバークスがお金だけ集めて
いなくなってしまうような企業ではない可能性はかなり高いことが
Appleの審査によって証明されています。

 

調査をする中で、想定しているよりも審査が厳しくて
リッチモンドバークスへの信頼度が増しています。

何を信じたらいいのか分からなくなっている人は、
とても良い判断材料なのでは!? かと思いますよ(*’▽’)

 

AppStoreリジェクトガイドライン(審査条件)

これをすべてクリアしないといけないの!!?
僕では無理だ。。(*´з`)

 

 

1. 利用規約について – Terms and conditions

1.1 – As a developer of Apps for the App Store you are bound by the terms of the Program License Agreement (PLA), Human Interface Guidelines (HIG), and any other licenses or contracts between you and Apple. The following rules and examples are intended to assist you in gaining acceptance for your App in the App Store, not to amend or remove provisions from any other agreement.

Apps for the App Storeの開発者は、プログラムライセンス契約(PLA)、ヒューマンインタフェースガイドライン(HIG)、およびあなたとAppleの間のその他のライセンスまたは契約の条件に拘束されます。以下のルールと例は、あなたがApp Storeであなたのアプリの審査を助ける目的があります。

 

 

2. 機能にについて – Functionality

2.1 – Apps that crash will be rejected

クラッシュするアプリは却下されます。

2.2 – Apps that exhibit bugs will be rejected

バグのあるアプリは却下されます。

2.3 – Apps that do not perform as advertised by the developer will be rejected

開発者の申請と異なる動作のアプリは却下されます。

2.4 – Apps that include undocumented or hidden features inconsistent with the description of the App will be rejected

アプリの紹介文にない隠し機能を含むアプリは却下されます。

2.5 – Apps that use non-public APIs will be rejected

非公開APIを使用するアプリは却下されます。

2.6 – Apps that read or write data outside its designated container area will be rejected

明示したコンテナ以外でデータの読み書きをするアプリは却下されます。

2.7 – Apps that download code in any way or form will be rejected

いかなる方法・形式であれ、実行コードを外部からダウンロードするアプリは却下されます。

2.8 – Apps that install or launch other executable code will be rejected

外部のコードをインストール、起動するアプリは却下されます。

2.9 – Apps that are “demo”, “trial”, or “test” versions will be rejected. Beta Apps may only be submitted through TestFlight and must follow the TestFlight guidelines

“ベータ”、”デモ”、”トライアル”、または”テスト”バージョンのアプリは却下されます。

2.10 – iPhone Apps must also run on iPad without modification, at iPhone resolution, and at 2X iPhone 3GS resolution

iPhoneのアプリはiPhoneの解像度、iPhone 3GSの2倍の解像度でそのままiPadで動かなければ却下されます。

2.11 – Apps that duplicate Apps already in the App Store may be rejected, particularly if there are many of them, such as fart, burp, flashlight, and Kama Sutra Apps

既に、App Storeに同様のアプリがある場合、特に同様のアプリが多数存在する場合(おなら、ゲップ、懐中電灯、ヒンズー教経書のようなアプリ)は却下されます。

2.12 – Apps that are not very useful, unique, are simply web sites bundled as Apps, or do not provide any lasting entertainment value may be rejected

役に立たないアプリや、単純なウェブサイトをバンドルしただけのアプリや、継続的な楽しみを与えないアプリは却下されます。

2.13 – Apps that are primarily marketing materials or advertisements will be rejected

マーケティングの市場調査や、広告が主なアプリは却下されます。

2.14 – Apps that are intended to provide trick or fake functionality that are not clearly marked as such will be rejected

人をだまそうとするアプリや、パッと見気付かないようにされている偽機能をもつアプリは却下されます。

2.15 – Apps larger than 100MB in size will not download over cellular networks (this is automatically prohibited by the App Store)

100MB以上のアプリは携帯ネットワーク経由ではダウンロード出来ません(これはApp Storeで自動的に却下されます。)

2.16 – Multitasking Apps may only use background services for their intended purposes: VoIP, audio playback, location, task completion, local notifications, etc.

マルチタスクのアプリは、意図した目的のためにバックグラウンドサービスを使うだけにする(VoIP、音楽再生、位置情報、タスク完了、ローカル通知など)

2.17 – Apps that browse the web must use the iOS WebKit framework and WebKit Javascript

ウェブブラウザのアプリは、iOS WebKit framework と WebKit Javascript使わなくてはならない。

2.18 – Apps that encourage excessive consumption of alcohol or illegal substances, or encourage minors to consume alcohol or smoke cigarettes, will be rejected

過度に飲酒や違法薬物を推奨するアプリや、未成年に飲酒や喫煙を推奨するアプリは却下されます。

2.19 – Apps that provide incorrect diagnostic or other inaccurate device data will be rejected

間違った診断や不確かなデバイスデータを提供するものは却下されます。

2.20 – Developers “spamming” the App Store with many versions of similar Apps will be removed from the iOS Developer Program

類似アプリを多数登録するような”スパム開発者”は、iOS Developer Programから削除する。

2.21 – Apps that are simply a song or movie should be submitted to the iTunes store. Apps that are simply a book should be submitted to the iBooks Store

単純な歌や動画アプリはiTunes storeに申請してください。単純な書籍アプリはiBookstoreに申請してください。

2.22 – Apps that arbitrarily restrict which users may use the App, such as by location or carrier, may be rejected

地域やキャリアなどによって、ユーザーのアプリ使用を制限するアプリは却下されます。

2.23 – Apps must follow the iOS Data Storage Guidelines or they will be rejected

 

iOS Data Storage ガイドラインに従わないアプリは却下されます。

1.ユーザが生成した情報、またはアプリだけでは生成できない情報のみ /Documents ディレクトリ以下に保存し、自動的に iCloud にバックアップされる

2.再ダウンロード、あるいは再生可能なデータは /Library/Caches ディレクトリ以下に保管する

3.一時的な利用のためのデータは /tmp ディレクトリ以下に保存する。これらのファイルは iCloud にはバックアップされないが、余分な記憶領域を使用しないよう、不要になったら削除する

 

2.24 – Apps that are offered in Newsstand must comply with schedules 1, 2 and 3 of the Program License Agreement or they will be rejected

Newsstandで提供されるアプリは Developer Program License 契約のスケジュール1〜3を遵守しなければ却下されます。

2.25 – Apps that display Apps other than your own for purchase or promotion in a manner similar to or confusing with the App Store will be rejected

自社のアプリではない他のアプリの購入や促進を促す方法が App Store に似ていたり、App Store と混乱しそうな場合には却下されます。

同一アカウントの紹介以外はNGみたいです。
ブースト広告を規制するためのガイドラインですね。

 

2.26 – Apps may display and recommend apps other than your own only if the collection is designed for a specific approved need (e.g. health management, aviation, accessibility, etc.) or provides significant added value for a specific group of customers, or they will be rejected

自社のアプリではない他のアプリの購入や促進を促す方法が App Store に似ていたり、App Store と混乱しそうな場合には、納得の行く特定の理由(例:健康管理、航空、アクセシビリティなど)があるか、または特定の顧客グループに重要な付加価値を提供しているかでない限り、却下されます。

2.25の例外を言っています。
特定の場合は自分以外のアプリを広告してもOKだよということです。
例えば健康管理のアプリで、運動量を測定するような他社アプリならおすすめしてもいいみたいです。

 

2.27 – If your app’s core functionality doesn’t work with the Siri remote it will be rejected. The app may, however, provide enhanced functionality in connection with a game controller or other peripheral

Siriのリモート操作などのコア部分の動作が行えないアプリは却下されます。
しかし、他の周辺機器の機能を提供することはできます。

 

 

3. メタデータ(名前・概要・レート・ランキングなど)にについて – Metadata

3.1 – Apps or metadata that mentions the name of any other mobile platform will be rejected

他のモバイルプラットフォームに言及しているアプリ、またはメタデータは却下されます。

3.2 – Apps with placeholder text will be rejected

プレースホルダー文字列の入ったアプリは却下されます。

3.3 – Apps with names, descriptions, screenshots, or previews not relevant to the content and functionality of the App will be rejected

アプリの内容や機能に関係ない説明を含むアプリは却下されます。

3.4 – App names in iTunes Connect and as displayed on a device should be similar, so as not to cause confusion

混乱を避けるために、iTunes Connectとデバイス上で表示されるアプリ名は、同様にすること。

3.5 – Small and large App icons should be similar, so as to not to cause confusion

混乱を避けるために、アプリの小アイコンと大アイコンは同様にすること。

3.6 – Apps with App icons, screenshots, and previews that do not adhere to the 4+ age rating will be rejected

アプリのアイコンとスクリーンショットが 4+ 年齢の評価に準拠していないと却下されます。

3.7 – Apps with Category and Genre selections that are not appropriate for the App content will be rejected

アプリのカテゴリやジャンルが、アプリの内容に適してない場合は却下されます。

3.8 – Developers are responsible for assigning appropriate ratings to their Apps. Inappropriate ratings may be changed/deleted by Apple

開発者はアプリに適切なレーティングを設定する責任があります。不適切なレーティングはアップルにより変更、削除されます。

3.9 – Developers are responsible for assigning appropriate keywords for their Apps. Inappropriate keywords may be changed/deleted by Apple

開発者はアプリに適切なキーワードを設定する責任があります。不適切なキーワードはアップルにより変更、削除されます。

3.10 – Developers who attempt to manipulate or cheat the user reviews or chart ranking in the App Store with fake or paid reviews, or any other inappropriate methods will be removed from the iOS Developer Program

App Storeでのユーザーレビューやランキングを偽のレビューや買収など、不当な操作を試みた場合は、iOS Developer Programから削除します。

3.11 – Apps that recommend that users restart their iOS device prior to installation or launch may be rejected

インストールや起動の前に、iOSバイスの再起動を推奨するアプリは却下されます。

3.12 – Apps should have all included URLs fully functional when you submit it for review, such as support and privacy policy URLs

アプリに含まれるURLは全て完全に機能していなければならない。レビューの送信、サポートやプライバシーポリシーなど。

3.13 – Apps with screenshots, previews, and marketing text that do not clearly identify supplemental content or items that must be purchased separately (e.g. using IAP) will be rejected

別途購入する必要がある補足コンテンツやアイテム(スクリーンショット・プレビュー動画・アプリ説明文)に明確に記載しないアプリは却下されます。

たとえアプリ内課金でも、有料購入が発生する場合は、どこかに記載をしましょう。
説明文の最後に、「※一部有料コンテンツがございます。」と記載しておくのが一番簡単です。

3.14 – App previews may only use video screen captures of the app, voice-overs, and textual and design overlays, or the app will be rejected

アプリのプレビュー動画は、動画キャプチャ、音声、テキスト、オーバーレイデザインのみを使用し、そうでない場合は却下されます。

CMのようなオリジナルの動画ではなく、しっかりとアプリの操作画面を映し、そこに音楽や声やデザインを加える程度にしなさい、ということですね。

3.15 – Apps with previews that display personal information of a real person without permission will be rejected

実在する人物の個人情報を許可なく掲載するアプリは却下されます。

3.16 – App previews may only include music that is licensed for that purpose in all selected territories

プレビュー動画には、全領域において著作権の利用許諾を得た音楽を使用してください、そうでない場合は却下されます。

3.17 – App previews that include content played or streamed via the app (e.g. iTunes playlist, YouTube streaming video) that is not licensed for use in the preview will be rejected

ライセンスを取っていない iTunes playlist や YouTube などの動画再生場面を含むプレビュー動画は却下されます。

 

 

4. 位置情報にについて – Location

4.1 – Apps that do not notify and obtain user consent before collecting, transmitting, or using location data will be rejected

ユーザーの位置情報を使用、送信、収集する前に、ユーザーに通知、承諾を得ないアプリは却下されます。

4.2 – Apps that use location-based APIs for automatic or autonomous control of vehicles, aircraft, or other devices will be rejected

位置情報APIを、車両、航空機、または他のデバイスの自動または自律制御の為に使用しているアプリは却下されます。

4.3 – Apps that use location-based APIs for emergency services will be rejected

位置情報APIを、派遣、保有車両の管理、緊急サービスの為に使用しているアプリは却下されます。

4.4 – Location data can only be used when directly relevant to the features and services provided by the App to the user or to support approved advertising uses

位置情報のデータは、機能やサービスに直接関係あるとき、または、承認された広告の使用をサポートするときだけ使用出来る。

 

 

5. プッシュ通知にについて – Push Notifications

5.1 – Apps that provide Push Notifications without using the Apple Push Notification (APN) API will be rejected

Apple Push Notification (APN)を用いない方法でプッシュ通知を提供するアプリは却下されます。

5.2 – Apps that use the APN service without obtaining a Push Application ID from Apple will be rejected

アップルからのPush Application IDを取得しないで、APNを使っているアプリは却下されます。

5.3 – Apps that send Push Notifications without first obtaining user consent, as well as apps that require Push Notifications to function, will be rejected

最初にユーザーの承認を得ないでプッシュ通知を送るアプリは却下されます。

5.4 – Apps that send sensitive personal or confidential information using Push Notifications will be rejected

プッシュ通知を使って、個人情報を送信するアプリは却下されます。

5.5 – Apps that use Push Notifications to send unsolicited messages, or for the purpose of phishing or spamming will be rejected

プッシュ通知を使って、勝手にメッセージを送ったり、フィッシングやスパム目的のアプリは却下されます。

5.6 – Apps cannot use Push Notifications to send advertising, promotions, or direct marketing of any kind

プッシュ通知を広告、宣伝、いかなる種類のマーケティングにも使う事は出来ない。

5.7 – Apps cannot charge users for use of Push Notifications

プッシュ通知の使用料を請求する事は出来ません。

5.8 – Apps that excessively use the network capacity or bandwidth of the APN service or unduly burden a device with Push Notifications will be rejected

プッシュ通知により、極端に APN service のネット容量、帯域を使うもの、デバイスへの負荷の高いアプリは却下されます。

5.9 – Apps that transmit viruses, files, computer code, or programs that may harm or disrupt the normal operation of the APN service will be rejected

ウイルスやファイル、コンピュータコード、プログラムを送信し、APN service の標準仕様を阻害、混乱させるアプリは却下されます。

 

 

6. ゲームセンターにについて – Game Center

6.1 – Apps that display any Player ID to end users or any third party will be rejected

任意のプレイヤーIDをエンドユーザー、もしくはサードパーティに表示するアプリは却下されます。

6.2 – Apps that use Player IDs for any use other than as approved by the Game Center terms will be rejected

Game Centerの条件によって承認された使用方法以外の方法でPlayer IDを使うアプリは却下されます。

6.3 – Developers that attempt to reverse lookup, trace, relate, associate, mine, harvest, or otherwise exploit Player IDs, aliases, or other information obtained through Game Center will be removed from the iOS Developer Program

Game Centerを通じて、Player ID、別名、その他関連情報を逆引き、取得など、不当利用しようとする開発者は、iOS Developer Program から削除されます。

6.4 – Game Center information, such as Leaderboard scores, may only be used in Apps approved for use with Game Center

スコアなどGame Centerの情報は、承認された方法のみに使用する事が出来る。

6.5 – Apps that use the Game Center service to send unsolicited messages, or for the purpose of phishing or spamming will be rejected

Game Centerを使って、勝手にメッセージを送ったり、フィッシングやスパム目的のアプリは却下されます。

6.6 – Apps that excessively use the network capacity or bandwidth of Game Center will be rejected

極端にGame Centerのネット容量、帯域を使うアプリは却下されます。

6.7 – Apps that transmit viruses, files, computer code, or programs that may harm or disrupt the normal operation of the Game Center service will be rejected

ウイルスやファイル、コンピュータコード、プログラムを送信し、Game Center service の標準仕様を阻害、混乱させるアプリは却下されます。

 

 

7. iAds(広告)にについて – Advertising

7.1 – Apps that artificially increase the number of impressions or click-throughs of ads will be rejected

人為的にクリック数やインプレッション数を増加させるアプリは却下されます。

7.2 – Apps that contain empty iAd banners will be rejected

空のiAdを含んだアプリは却下されます。

7.3 – Apps that are designed predominantly for the display of ads will be rejected

主に広告表示のためだけに設計されているアプリは却下されます。

 

 

8. 商標権、トレードドレスにについて – Content and Intellectual Property Rights

8.1 – Apps must comply with all terms and conditions explained in the Guidelines for Using Apple Trademarks and Copyrights and the Apple Trademark List

全てのアプリは、Apple Trademarks と Copyrights 、Apple Trademark List の利用規約に従う必要があります。

8.2 – Apps that suggest or infer that Apple is a source or supplier of the App, or that Apple endorses any particular representation regarding quality or functionality will be rejected

Appleが提供元であるかのように提示したり、ほのめかすアプリや、品質や機能に関する特定の表現をAppleが支持していると思わせるようなアプリは却下されます。

8.3 – Apps that appear confusingly similar to an existing Apple product, interface, or advertising theme will be rejected

あたかも既存のApple製品や広告テーマに類似しているかのような誤解を招くようなアプリは却下されます。

8.4 – Apps that misspell Apple product names in their App name (i.e., GPS for Iphone, iTunz) will be rejected

Apple製品の名前のスペルミスを含むアプリは却下されます。
(例: GPS for Iphone, iTunz)。

8.5 – Apps may not use protected third party material such as trademarks, copyrights, patents or violate 3rd party terms of use. Authorization to use such material must be provided upon request

サードパーティの権利素材(商標、著作権、企業秘密、それ以外の場合は独自のコンテンツ)の使用は、要求に応じて提供されなければならない文書化権のチェックを必要とする。

8.6 – Apps that include the ability to save or download music or video content from third party sources (e.g. Apple Music, YouTube, SoundCloud, Vimeo, etc) without explicit authorization from those sources will be rejected

許可なしに第三者のリソースをダウンロードできるようなアプリは却下されます。

 

 

9. メディアコンテンツにについて – Media content

9.1 – Apps that do not use the MediaPlayer framework to access media in the Music Library will be rejected

音楽ライブラリにアクセスするのにMediaPlayerフレームワークを使っていないアプリは却下されます。

9.2 – App user interfaces that mimic any iPod or iTunes interface will be rejected

iPodのインターフェースを模倣したインターフェースのアプリは却下されます。

9.3 – Audio streaming content over a cellular network may not use more than 5MB over 5 minutes

携帯電話ネットワークを介してオーディオコンテンツのストリーミングは、5MB 以上、 5分以上は使えません。

9.4 – Video streaming content over a cellular network longer than 10 minutes must use HTTP Live Streaming and include a baseline 64 kbps HTTP Live stream

携帯電話ネットワークを介して、10分以上の動画のストリーミングは、HTTP Live Streaming を使い、ベースライン64 kbpsのオーディオ専用のHTTPライブストリームを含める必要があります。

 

 

10. ユーザーインターフェースにについて – User interface

10.1 – Apps must comply with all terms and conditions explained in the applicable Apple Human Interface Guidelines:

アプリはApple Human Interface Guidelinesで説明されている利用規約に従う必要がある。

 

※各種ガイドラインのURL
iOS Human Interface Guidelines
iOS ヒューマンインターフェースガイドライン
OS X Human Interface Guidelines
OSX ヒューマンインターフェースガイドライン
Apple TV Human Interface Guidelines
AppleTV ヒューマンインターフェースガイドライン
Apple Watch Human Interface Guidelines
AppleWatch ヒューマンインターフェースガイドライン

 

10.2 – Apps that look similar to Apps bundled on the iPhone, including the App Store, iTunes Store, and iBooks Store, will be rejected

iPhoneにバンドルされているアプリ(App Store, iTunes Store, iBookstoreを含む)に類似しているアプリは却下されます。

10.3 – Apps that do not use system provided items, such as buttons and icons, correctly and as described in the Apple iOS Human Interface Guidelines may be rejected

Apple iOS Human Interface Guidelinesで説明されている通り、正確に、システムから提供されたアイテム(ボタンやアイコンなど)を使用していないアプリは却下されます。

10.4 – Apps that create alternate desktop/home screen environments or simulate multi-App widget experiences will be rejected

マルチアプリケーションウィジェットをシュミレートするアプリは却下されます。

10.5 – Apps that alter the functions of standard switches, such as the Volume Up/Down and Ring/Silent switches, will be rejected

標準スィッチ(ボリュームアップ/ダウン、着信/サイレント)の機能を改造するようなアプリは却下されます。

10.6 – Apple and our customers place a high value on simple, refined, creative, well thought through interfaces. They take more work but are worth it. Apple sets a high bar. If your user interface is complex or less than very good, it may be rejected

Appleと顧客は簡潔で扱いやすく、上品で、創造的な洗練されたインターフェースを好みます。それは多くの手間がかかりますが、それだけの価値があります。Appleは高いバーを設定します。もしあなたのユーザーインターフェースが複雑だったり、洗練されていないアプリは却下されます。

アプリのクオリティ(UI、機能)が低いものは却下されます。またシンプルすぎて機能が少なかったり、対象となる人数が限られている場合も該当するようです。

 

10.7 – Watch Apps whose primary function is telling time will be rejected

AppleWatchのアプリでは主な機能を使えるようなアプリは却下されます。

10.8 – Apps displaying Activity rings may not modify the rings or the data they represent

AppleWatchのアプリでは表示アクティビティリング、またはそれが表すデータを変更することはできません。

 

 

11. 購入と通貨にについて – Purchasing and currencies

11.1 – Apps that unlock or enable additional features or functionality with mechanisms other than the App Store will be rejected

App Store以外でロック解除や追加機能を有効にするアプリは却下されます。

11.2 – Apps utilizing a system other than the In App Purchase API (IAP) to purchase content, functionality, or services in an app will be rejected

IAP以外のシステム使って、コンテンツ、機能、サービスの購入が可能なアプリは却下されます。

11.3 – Apps using IAP to purchase physical goods or goods and services used outside of the App will be rejected

IAPを利用し、アプリの外部でものやサービスの購入が可能なアプリは却下されます。

11.4 – Apps that use IAP to purchase credits or other currencies must consume those credits within the App

IAPを利用してクレジット、その他の通貨を購入するには、アプリ内で完結する必要がある。

11.5 – Apps that use IAP to purchase credits or other currencies that expire will be rejected

IAPを利用し、期限切れのクレジット、その他通貨を購入するアプリは却下されます。

11.6 – Content subscriptions using IAP must last a minimum of 7 days and be available to the user from all of their iOS devices

IAPを利用するコンテンツの購読は、最短で7日間以上とし、全てのiOSのデバイスから利用可能である必要がある。

11.7 – Apps that use IAP to purchase items must assign the correct Purchasability type

IAPを利用し商品を購入するアプリは正しい購入タイプを設定する必要がある。

11.8 – Apps that use IAP to purchase access to built-in capabilities provided by iOS, such as the camera or the gyroscope, will be rejected

IAPを利用し内蔵されている機能(カメラやジャイロスコープなど)へのアクセスを購入するアプリは却下されます。

11.9 – Apps containing content or services that expire after a limited time will be rejected, except for specific approved content (e.g. films, television programs, music, books)

期限切れのレンタルコンテンツ、サービスを含むアプリは却下されます。承認されたコンテンツを除く(例: フィルム、テレビ番組、音楽、本)

11.10 – Insurance Apps must be free, in legal-compliance in the regions distributed, and cannot use IAP

保険アプリケーションは無料で無ければなりません、また、配布される地域の法律を遵守し、IAPを使う事は出来ない。

11.11 – In general, the more expensive your App, the more thoroughly we will review it

一般的に、あなたのアプリが高ければ高いほど、私たちは徹底的にレビューする。

11.12 – Apps offering subscriptions must do so using IAP, Apple will share the same 70/30 revenue split with developers for these purchases, as set forth in the Program License Agreement

定期購読などの必要があるアプリは、アップルがその収益の30%のレベニューシェアを受け取れるように、IAP(In App Puechase )の仕組みを利用する必要があります。これはDeveloper Program License Agreement 内で記載されています。

11.13 – Apps that link to external mechanisms for purchases or subscriptions to be used in the App, such as a “buy” button that goes to a web site to purchase a digital book, will be rejected

アプリ内に「購入」ボタンを設置し、外部の課金(定期購読)システムに誘導することによって、ユーザーに電子書籍などを購入させるアプリは却下されます。

11.14 – Apps can read or play approved content (specifically magazines, newspapers, books, audio, music, video and cloud storage) that is subscribed to or purchased outside of the App, as long as there is no button or external link in the App to purchase the approved content. Apple will only receive a portion of revenues for content purchased inside the App

アプリ外で購入したコンテンツ(特に雑誌や新聞、書籍やオーディオブック、音楽、動画など)を再生するアプリは、コンテンツを購入するためのボタンや外部リンクなどがアプリ内にない場合に限ります。 Apple はアプリ外で定期購読や購入されたコンテンツに関してはレベニューシェアをいただくことはありません。

11.15 – Apps may only use auto-renewing subscriptions for periodicals (newspapers, magazines), business Apps (enterprise, productivity, professional creative, cloud storage), and media Apps (video, audio, voice), or the App will be rejected

サブスクリプションアプリは定期刊行物(新聞、雑誌)、ビジネスアプリ(エン タープライズ、生産性、プロフェッショナル・クリエイティブ、クラウド・ストレ ージ)、メディアアプリ(ビデオ、オーディオ、音声)の自動更新するサブスクリプションでのみ利用できます。そうでないアプリは却下されます。

どうやら月額課金系は、定期購読の説得力が高いものじゃないと無理です。

 

11.16 – Apps may enable additional approved features or functionality when used in combination with specific approved physical products (such as a toy) as long as the additional features and functionality are either completely dependent on such hardware (for example an App that is used to control a telescope) or also available through the App without the physical products, such as by way of reward for achievement or by use of IAP

アプリを介して、特定の承認された物理的な製品(例: おもちゃなど)と組み合わせて、使用される追加機能を有効にすることができ、またそのようなハードウェア(たとえば望遠鏡を制御するために使用されるアプリケーションのいずれかで完全に依存している場合)または、その達成のためのIAPの使用による報酬の方法などによって、物理的な製品の使用が可能です。

11.17 – Apps may facilitate transmission of approved virtual currencies provided that they do so in compliance with all state and federal laws for the territories in which the app functions

当該アプリが機能する領域に適用される全ての州法及び連邦法を遵守する限り、アプリは、承認された仮想通貨の譲渡を促進することができます。

 

 

12. スクレイピングと集計にについて – Scraping and aggregation

12.1 – Apps that scrape any information from Apple sites (for example from apple.com, iTunes Store, App Store, iTunes Connect, Apple Developer Programs, etc.) or create rankings using content from Apple sites and services will be rejected

Appleのサイト(例: apple.com, iTunes Store, App Store, iTunes Connect, Apple Developer Programs, など)から何らかの情報をスクレイピングしたり、Appleサイトのコンテンツを使ってランキングを作成するアプリは却下されます。

12.2 – Apps may use approved Apple RSS feeds such as the iTunes Store RSS feed

iTunes Store RSSのような承認されたAppleRSSを使用する事は可能です。

12.3 – Apps that are simply web clippings, content aggregators, or a collection of links, may be rejected

単にウェブからの切り抜き、アグリゲーター、リンク集は却下される可能性がある。

 

 

13. 損傷または損害にについて – Damage or injury

13.1 – Apps that encourage users to use an Apple Device in a way that may cause damage to the device will be rejected

デバイスに損害を与えるような使用方法を促進するアプリは却下されます。

13.2 – Apps that rapidly drain the device’s battery or generate excessive heat will be rejected

急激にバッテリーを消費したり、過度の熱を発生させるアプリは却下されます。

13.3 – Apps whose use may result in physical harm may be rejected

身体的、精神的な危害を発生させるアプリは却下されます。

 

 

14. 個人攻撃にについて – Personal attacks

14.1 – Any App that is defamatory, offensive, mean-spirited, or likely to place the targeted individual or group in harm’s way will be rejected

個人やグループを誹謗、中傷するためのアプリは却下されます。

14.2 – Professional political satirists and humorists are exempt from the ban on offensive or mean-spirited commentary

専門的な政治批判やユーモアは誹謗、中傷なコメントとはみなさない。

14.3 – Apps that display user generated content must include a method for filtering objectionable material, a mechanism for users to flag offensive content, and the ability to block abusive users from the service

ユーザーが投稿を行うならば、問題ある投稿をフィルタリングさせる、通報できる、ブロックできるようにしてください。

未成年者がアダルトなコンテンツを見ることを防いだり、不愉快で見たくない投稿を行うユーザーをブロックするということを目的にユーザーを保護しようという目的があるようです。

 

 

15. 暴力にについて – Violence

15.1 – Apps portraying realistic images of people or animals being killed or maimed, shot, stabbed, tortured or injured will be rejected

動物や人間が殺されたり、撃たれたり、刺されたりするようなリアルな画像を描写するアプリは却下されます。

15.2 – Apps that depict violence or abuse of children will be rejected

暴力や児童虐待を描写するアプリは却下されます。

15.3 – “Enemies” within the context of a game cannot solely target a specific race, culture, a real government or corporation, or any other real entity

ゲーム内の敵として、特定の人種、文化、実際の政府や企業、その他、いかなる実在するものをターゲットにすることは出来ません。

15.4 – Apps involving realistic depictions of weapons in such a way as to encourage illegal or reckless use of such weapons will be rejected

核兵器に関して、違法に推奨したり、もしくは配慮にかける現実的な描写を含むアプリは却下されます。

15.5 – Apps that include games of Russian roulette will be rejected

ロシアンルーレットのゲームを含むアプリは却下されます。

 

 

16. 不快なコンテンツにについて – Objectionable content

16.1 – Apps that present excessively objectionable or crude content will be rejected

過度に不快なコンテンツや下卑たコンテンツを含むアプリは却下されます。

16.2 – Apps that are primarily designed to upset or disgust users will be rejected

ユーザーを混乱させたり、嫌悪感をいだかせるアプリは却下されます。

 

 

17. プライバシーにについて – Privacy

17.1 – Apps cannot transmit data about a user without obtaining the user’s prior permission and providing the user with access to information about how and where the data will be used

ユーザーに関する情報をユーザーへの事前承諾を得ずに、送信することは出来ません、また、その情報がどこでどのように使われるのかに関する情報を提供する必要があります。

17.2 – Apps that require users to share personal information, such as email address and date of birth, in order to function will be rejected

ユーザーのメールアドレスや誕生日を共有しないと機能しないようなアプリは却下されます。

17.3 – Apps may ask for date of birth (or use other age-gating mechanisms) only for the purpose of complying with applicable children’s privacy statutes, but must include some useful functionality or entertainment value regardless of the user’s age

データ収集の対象が未成年である場合は却下されます。

17.4 – Apps that collect, transmit, or have the capability to share personal information (e.g. name, address, email, location, photos, videos, drawings, the ability to chat, other personal data, or persistent identifiers used in combination with any of the above) from a minor must comply with applicable children’s privacy statutes, and must include a privacy policy

未成年から収集、送信、または個人情報(名前、住所、アドレス、現在地、写真、ビデオ、絵、チャット機能、他人の個人情報、またはこれらが組み合わせられた情報)を共有する機能があるアプリは必ず未成年のプライバシー法規に従わなければなりません。また、プライバシーポリシーも含まなければなりません。

17.5 – Apps that include account registration or access a user’s existing account must include a privacy policy or they will be rejected

アカウントを登録させたり、アカウント情報にアクセするアプリはプライバシーポリシーをアプリ内に表示させなければ却下されます。

 

 

18. わいせつ、ポルノにについて – Pornography

18.1 – Apps containing pornographic material, defined by Webster’s Dictionary as “explicit descriptions or displays of sexual organs or activities intended to stimulate erotic rather than aesthetic or emotional feelings”, will be rejected

ウェブスターの辞書に”明示的な説明や生殖器官の表示、活動によって、審美的または、感情的な感情でなく、性的な欲望を刺激する事を意図している”として定義されているポルノ素材を含むアプリは却下されます。

18.2 – Apps that contain user generated content that is frequently pornographic (e.g. “Chat Roulette” Apps) will be rejected

チャットルーレットのように、頻繁にユーザーが生成する性的な内容が含まれているアプリは却下されます。

 

 

19. 宗教、文化、民族にについて – Religion, culture, and ethnicity

19.1 – Apps containing references or commentary about a religious, cultural or ethnic group that are defamatory, offensive, mean-spirited or likely to expose the targeted group to harm or violence will be rejected

宗教、文化、民族を誹謗中傷するコメントや参照を含むアプリは却下されます。

19.2 – Apps may contain or quote religious text provided the quotes or translations are accurate and not misleading. Commentary should be educational or informative rather than inflammatory

引用や翻訳によって宗教的な文章を含むアプリは正確で誤解を招かないようにすべきである。解説は感情的なものではなく、教育的または有益なものであるべきである。

 

 

20. コンテスト、懸賞、宝くじ、ラッフルおよびギャンブルにについて – Contests, sweepstakes, lotteries, raffles, and gambling

20.1 – Sweepstakes and contests must be sponsored by the developer/company of the App

懸賞やコンテストは、アプリの開発者/企業が主催しなければなりません。

20.2 – Official rules for sweepstakes and contests must be presented in the App and make it clear that Apple is not a sponsor or involved in the activity in any manner

懸賞やコンテストの公式ルールとして、Appleが主催ではないことを明らかにし、いかなる方法でも関与しないということをアプリ内で明記しなければなりません。

20.3 – It must be permissible by law for the developer to run a lottery App, and a lottery App must have all of the following characteristics: consideration, chance, and a prize

抽選アプリを作成する開発者は法律に則る必要があります。また抽選アプリは以下の特徴をもっていなくてはなりません。—- consideration – 熟考、配慮、報酬、約因、対価 chance – 偶然、運、可能性 prize – 賞品、賞金、景品。

20.4 – Apps that allow a user to directly purchase a raffle ticket in the App will be rejected

アプリ内でユーザーが直接、宝くじや抽選券を購入する事が出来る場合、却下されます。

20.5 – Apps that offer real money gaming (e.g. sports betting, poker, casino games, horse racing) or lotteries must have necessary licensing and permissions in the locations where the App is used, must be restricted to those locations, and must be free on the App Store

実際にお金を賭けるもの(スポーツくじ、ポーカー、カジノゲーム、競馬)または、宝くじのようなアプリはそのアプリが使われる地域にて必ず認可を所得しなければなりません。これらのロケーションは制限されなければなりません。そして、App Store上では無料でなければなりません。

20.6 – Apps that use IAP to purchase credit or currency to use in conjunction with real money gaming will be rejected

収入につながる目的でクレジットや通貨をIAPを使って購入するアプリは却下されます。

 

 

21. 慈善団体や貢献にについて – Charities and contributions

21.2 – Apps that include the ability to make donations to recognized charitable organizations must be free

慈善団体に寄付する機能が含まれているアプリは無料でなくてはならない。

21.2 – The collection of charitable donations must be done via a web site in Safari or an SMS

寄付の収集はSafariまたはSMSを介して行われなくてはならない。

 

 

22. 法的要件にについて – Legal requirements

22.1 – Apps must comply with all legal requirements in any location where they are made available to users. It is the developer’s obligation to understand and conform to all local laws

アプリは配布される全ての場所の法律を遵守しなければなりません。全ての地域の法律を理解し、従うのが開発者の義務です。

22.2 – Apps that contain false, fraudulent or misleading representations or use names or icons similar to other Apps will be rejected

詐欺的な虚偽または誤解を招くような表現が含まれているアプリケーションは却下されます。

22.3 – Apps that solicit, promote, or encourage criminal or clearly reckless behavior will be rejected

犯罪を促進、勧誘、または助長するものや、明らかに非常識なアプリは却下されます。

22.4 – Apps that enable illegal file sharing will be rejected

違法なファイル共有を有効にするアプリは却下されます。

22.5 – Apps that are designed for use as illegal gambling aids, including card counters, will be rejected

違法なギャンブル援助(カードカウンターを含む)をして設計されているアプリは却下されます。

22.6 – Apps that enable anonymous or prank phone calls or SMS/MMS messaging will be rejected

匿名のまたはいたずら電話またはSMS/MMSメッセージ発信を可能にするアプリは却下されます。

22.7 – Developers who create Apps that surreptitiously attempt to discover user passwords or other private user data will be removed from the iOS Developer Program

ひそかにユーザーのパスワードや個人情報を取得しようとするアプリの開発者は、iOS Developer Programから削除されます。

22.8 – Apps that contain DUI checkpoints that are not published by law enforcement agencies, or encourage and enable drunk driving, will be rejected

飲酒運転を助長するアプリは却下されます。

22.9 – Apps that calculate medicinal dosages must be submitted by the manufacturer of those medications or recognized institutions such as hospitals, insurance companies, and universities

薬の服用量を計算するアプリは、必ずそれらの薬のメーカーや病院、保険会社、大学などといった公認されている組織に提出しなければならない。

22.10 – Apps that use iTunes music previews in an unauthorized manner will be rejected

iTunes musicのプレビューを認められていない方法で使っているアプリは却下されます。

 

 

23. Passbookにについて – Passbook

23.1 – Passbook Passes can be used to make or receive payments, transmit offers, or offer identification (such as movie tickets, airline tickets, coupons and reward offers). Other uses may result in the rejection of the App and the revocation of Passbook credentials

Passbookによる支払いを受け、オファーまたはオファー識別情報を送信するために使用することができます。(映画のチケット、航空券、クーポンや報酬申し出等)これら以外の用途ではアプリ本体のリジェクト、ならびにPassbookの資格を取り消す場合があります。

23.2 – Passes must include valid contact information from the issuer of the pass or the App will be rejected and Passbook credentials may be revoked

パスの発行者はパスもしくはアプリ内に、有効な連絡先情報を含める必要があります。これらがないアプリはリジェクト、ならびにPassbookの資格を取り消す場合があります。

23.3 – Passes must be signed by the entity that will be distributing the pass under its own name, trademark, or brand or the App will be rejected and Passbook credentials may be revoked

パスは自身の名前、商標やブランドの下にパスを配布する実体によって署名されなければならない。これに反するAppはリジェクトされ、Passbookの資格を取り消すことができる。

 

 

24. 子供向けにについて – Kids Category

24.1 – Apps in the Kids Category must include a privacy policy and must comply with applicable children’s privacy statutes

主に子供が使用するためのアプリはプライバシーポリシーを含める必要があり、これに該当する子供のプライバシーの法令を遵守しなければならない。

24.2 – Apps in the Kids Category may not include behavioral advertising (e.g. the advertiser may not serve ads based on the user’s activity within the App), and any contextual ads presented in the App must be appropriate for kids

主に子供が使用するためのアプリは、子供のための適切でなければならない行動の広告(例えば、広告主がアプリ内でのユーザの活動に基づいて広告を提供しない場合があります)、アプリで表示されるコンテンツターゲット広告は、子供のために適切でなければならない。

24.3 – Apps in the Kids Category must get parental permission or use a parental gate before allowing the user to link out of the app or engage in commerce

主に子供が使用するためのアプリは、ユーザーがアプリの外にリンク、または商業に従事させる前に、親の許可、もしくはペアレンタルゲートを使用する必要があります。

24.4 – Apps in the Kids Category must be made specifically for kids ages 5 and under, ages 6-8, or ages 9-11

キッズカテゴリー内のアプリは、子供の年齢にあわせて、5歳以下、6-8歳、9-11歳用として、特別に作られなければならない。

 

 

25. 拡張機能にについて – Extensions

25.1 – Apps hosting extensions must comply with the App Extension Programming Guide

App Extension Programming Guide に書かれている内容に準拠している必要があります。

25.2 – Apps hosting extensions must provide some functionality (help screens, additional settings) or they will be rejected

アプリ側には Extension の使うためのヘルプ画面を表示する機能、そして追加の設定が行える機能を提供している必要があります。

25.3 – Apps hosting extensions that include marketing, advertising, or in-app purchases in their extension view will be rejected

広告や宣伝目的、またアプリ内課金が Extension の画面上に表示されていると却下されます。

25.4 – Keyboard extensions must provide a method for progressing to the next keyboard

カスタムキーボードには必ず「次のキーボードに切り替えるボタン(標準キーボードの地球儀マークのボタンの機能)」が含まれている必要があります。

25.5 – Keyboard extensions must remain functional with no network access or they will be rejected

Keyboard Extension の機能にネットワーク接続が必須の場合は却下されます。

25.6 – Keyboard extensions must provide Number and Decimal keyboard types as described in the App Extension Programming Guide or they will be rejected

Keyboard Extension で数字(整数または少数)を入力する機能が無い場合は却下されます。

25.7 – Apps offering Keyboard extensions must have a primary category of Utilities and a privacy policy or they will be rejected

Keyboard Extension を含むアプリのプライマリカテゴリが Utilities が設定されておらず、プライバシーポリシーが設定されていない場合は却下されます。

25.8 – Apps offering Keyboard extensions may only collect user activity to enhance the functionality of their keyboard extension on the iOS device or they may be rejected

Keyboard Extension を含むアプリのユーザーの行動記録を収集する目的が Keyboard Extension の機能を増強すること以外の場合は却下されます。

 

 

26. HomeKitにについて – HomeKit

26.1 – Apps using the HomeKit framework must have a primary purpose of providing home automation services

Homekit framework(ホームキットの枠組み)を使うアプリはホームオートメーションサービスの主な目的を持たなければなりません。

26.2 – Apps using the HomeKit framework must indicate this usage in their marketing text and they must provide a privacy policy or they will be rejected

Homekit framework(ホームキットの枠組み)を使うアプリは利用の際のマーケティング文書を述べることと、プライバシーポリシーを獲得する必要があります。でなければ却下されます。

26.3 – Apps must not use data gathered from the HomeKit APIs for advertising or other use-based data mining

アプリは広告やその他のユーズベースのデータマイニングのためにHomeKit APIからデータを収集してはいけない。

26.4 – Apps using data gathered from the HomeKit API for purposes other than improving the user experience or hardware/software performance in providing home automation functionality will be rejected

他よりもユーザーの経験値を上げる、またはハードウェア/ソフトウェアでホームオートメーションの機能性を持たせるためにHomeKit APIから集められるデータを利用しているアプリは却下されます。

 

 

27. HealthKitにについて – HealthKit

27.1 – Apps using the HealthKit framework must comply with applicable law for each Territory in which the App is made available, as well as Sections 3.3.28 and 3.3.39 of the iOS Developer Program License Agreement

Health kitの枠組み(framework)を使用しているアプリはそれぞれの区域の適した法律、というのも、そのアプリはiOS Developer Program License AgreementのSections 3.3.28 and 3.3.39も含め利用可能なのか、こういった法律に従わなければならない。

27.2 – Apps that write false or inaccurate data into HealthKit will be rejected

不法、不正確なデータがHealthKitに書いているアプリは却下されます。

27.3 – Apps using the HealthKit framework that store users’ health information in iCloud will be rejected

iCloudのストアユーザーのhealth informationのHealthKit frameworkを使っているアプリは却下されます。

27.4 – Apps may not use user data gathered from the HealthKit API for advertising or other use-based data mining purposes other than improving health, medical, and fitness management, or for the purpose of medical research

アプリは広告のためにHealthKit APIから集められるユーザーのデータ、または他よりも健康、薬品、健康管理、または薬品リサーチが進歩しているユーズベース(利用)のデータマイニング目的のものは使ってはいけません。

27.5 – Apps that share user data acquired via the HealthKit API with third parties without user consent will be rejected

ユーザーの同意なしに第三者によりHealthkit API経由で取得されたユーザーデータを共有しているアプリは却下されます。

27.6 – Apps using the HealthKit framework must indicate integration with the Health app in their marketing text and must clearly identify the HealthKit functionality in the app’s user interface

HealthKit frameworkを使用しているアプリはマーケティングテキストのHealth appで調整を示す必要があります。また、アプリのユーザーのインターフェースにおけるHealthkitの機能性をはっきりと証明しなければなりません。

27.7 – Apps using the HealthKit framework must provide a privacy policy or they will be rejected

HealthKit frameworkを使用するアプリはプライバシーポリシーを必ず備える必要がありあます。でなければ却下されます。

27.8 – Apps that provide diagnoses, treatment advice, or control hardware designed to diagnose or treat medical conditions that do not provide written regulatory approval upon request will be rejected

リクエスト上に規定の認可が書かれていない診断、処置のアドバイス、またはコントロールハードウェアデザインされた診断、健康管理に関するアプリは却下されます。

27.9 – Apps conducting health-related human subject research must obtain consent from participants or, in the case of minors, their parent or guardian. Such consent must include the (a) nature, purpose, and duration of the research; (b) procedures, risks, and benefits to the participant; (c) information about confidentiality and handling of data (including any sharing with third parties); (d) a point of contact for participant questions; and (e) the withdrawal process

健康関連の被験体の研究に利用するアプリは未成年者、親または保護者の場合は、参加者から同意を得る必要がある。

27.10 – Apps conducting health-related human subject research must secure approval from an independent ethics review board. Proof of such approval must be provided upon request.

健康関連の被験体の研究を行ってアプリは、独立した倫理審査委員会の承認を確保しなければなりません。

 

 

28. TestFlightにについて – TestFlight

28.1 – Apps may only use TestFlight to beta test apps intended for public distribution and must comply with the full App Review Guidelines

アプリは一般配布向けベータテストアプリのTestFlightのみを使います。また、すべてのアプリレビューガイドラインに従ってください。

28.2 – Apps using TestFlight must be submitted for review whenever a build contains material changes to content or functionality

TestFlightを使うアプリはbuild contains material( )が内容的、または機能的に変更があろうとも、どんなときもレビューを提出しなければなりません。

28.3 – Apps using TestFlight may not be distributed to testers in exchange for compensation of any kind

TestFlightを使うアプリはどんな代償の引き換えにもテスターを配布してはいけません。

 

 

29. Apple Payにについて – Apple Pay

29.1 – Apps using Apple Pay must provide all material purchase information to the user prior to sale of any good or service or they will be rejected

Apple Payを使うアプリはどのグッズまたサービスを売るにも、必ずすべての商品購入に関する情報をユーザーに与えなければいけません。でなければ却下されます。

29.2 – Apps using Apple Pay must use Apple Pay branding and user interface elements correctly and as described in the Apple Pay Identity Guidelines or they will be rejected

Apple Payを使うアプリは必ずApple Payの印、またユーザーインターフェースエレメントを正確に、そしてApple Payアイデンティティガイドラインに記載の通りに使用しなければなりません。そうでなければ却下されます。

29.3 – Apps using Apple Pay as a purchasing mechanism may not offer goods or services that violate the law of any territory in which the good or service will be delivered and may not be used for any illegal purpose

メカニズムの購入の上でApple Payを使うアプリはそのグッズまたはサービスが配送されるどの区域でも違法のグッズやサービスは提供してはいけません。また、違法な目的は認められていません。

29.4 – Apps using Apple Pay must provide a privacy policy or they will be rejected

Apple Payを使うアプリは必ずプライバシーポリシーを備えなければなりません。でなければ却下されます。

29.5 – Apps using Apple Pay may only share user data acquired via Apple Pay with third parties when provided to facilitate or improve delivery of goods and services or to comply with legal requirements

Apple Payを使うアプリは得られるユーザーデータをグッズ配送やサービスの促進や向上、または法的必要条件に従うためにのみApple Pay経由で第三者と共有します。

 

 

30. AppleMusicAPIにについて – Apple Music API

30.1 – Apps using the Apple Music API that trigger playback without explicit user action will be rejected

ユーザーの操作なしに再生されたりAPIが利用されるようなアプリは却下されます。

30.2 – Apps using the Apple Music API must expose and respect standard media controls such as “play,” pause,” and “skip”

APIを利用するアプリでは標準的な操作である、再生や一時停止、スキップなどを搭載する必要がある。

30.3 – Apps using the Apple Music API may not require payment or otherwise monetize access to the Apple Music service (e.g. in-app purchase, advertising, requesting user info)

APIを利用するアプリでは、音楽の支払いや収益化などで利用しないようにする(例えば、アプリ内購入、広告、要求元のユーザ情報など)

 

参照元App Store Review Guidelines
https://developer.apple.com/app-store/review/guidelines/

 

 

調査結果をまとめてみる。

 

今回はAppleの審査条件を紹介していますが、
GoogleよりAppleの方がアプリの審査条件が厳しいので
こちらの方をピックアップしています。

アップルはブランドイメージをかなり重視しているので、
そのストアから公式にダウンロードできるアプリ。
というところで厳しく審査していると思います。

 

審査条件の中で、注目したい条件が2つあります。

リッチモンドバークスの登録者が1番気にしている部分だと思いますが、

 

22.2 – 詐欺的な虚偽または誤解を招くような表現が含まれているアプリケーションは却下されます。

22.3 – 犯罪を促進、勧誘、または助長するものや、明らかに非常識なアプリは却下されます。

これらの条件があるので、
リッチモンドバークスがお金だけ集めて
いなくなってしまうような企業ではない可能性はかなり高いことが
Appleの審査によって証明されています。

 

調査をする中で、想定しているよりも審査が厳しくて
リッチモンドバークスへの信頼度が増しています。

 

何を信じたらいいのか分からなくなっている人は、
とても良い判断材料なのでは!? かと思いますよ(*’▽’)

 

------------

(引用元)

http://fudomado.com/richmondberks-app-conditions/

から、引用させてもらっています。